山のシューレ

庭ル・アッサンブラージュ/ 
ひとつの庭は世界の庭 

「21世紀は庭園の世紀である」 アンドレ・シトロエン公園やケー・ブランリー美術館など 斬新な庭のデザインで注目を集めるフランスの庭園アーチスト、ジル・クレマンの言葉です。
クレマンは、ある秩序に従い自然を組み替えてゆく従来の庭の概念を大きく変え、静的秩序 から動的秩序としての庭を提言し、絶えず変化する生命のメッセージが庭の核であることを 示しました。自然は完成することなく、庭もまた常に変化し続けます。植物の種が風や動物、 昆虫などを媒介に動いてゆく、そんな自然の動きを重視した庭をクレマンは目指したのです。
  新たな庭はベルサイユ宮殿に象徴されるような固定された造形庭園ではありません。そこでは生命の多様な生態と環境の相互関係や生命同士の混合のプロセスが展開され、様々な文化に よる多彩な自然観に触れることができ、科学技術を使った環境への調和的な働きかけが実現される場所でなくてはなりません。そこは創造する生命の複雑で精緻なメカニズムを観察し、体感し、人間と自然の共存を考える場でなくてはならないのです。
この庭プロジェクトは、自然を繊細に調整しながら自然と共生してきた日本文化の長い歴史と成果を踏まえ、アーチスト、建築家、デザイナー、生物学者、生態学者、庭園師、人類学者、 哲学者といった人々が集い、対話し、交感し、新しい庭をつくりだしてゆく共創の場です。また、このプロジェクトは自然と調和し、共生する人の技を伝えてゆく新たな伝承の形式ともなるでしょう。
クレマンは地球はひとつの、しかもとても小さな庭であると言いました。そして彼のつくりだした庭では世界中から集められた植物がその地で、独特の変化をし、驚くべきアッサンブラージュを繰り広げます。
ひとつの庭の知恵や美や詩が世界の庭に響きわたります。人間と自然を新しい形で結びつける小さな試みがひとつの庭から始まります。

コンセプト:伊藤 俊治(東京芸術大学美術学部教授)
このプロジェクトはこれから10年かけて二期倶楽部横沢地区に、様々なクリエイター、アーティストにより様々な「庭」を実現させていくものです。横沢地区の芸術家コロニーへ向けての実現と土地のブランディングに寄与するものとします。
最初に生まれた「ツリーハウスのある庭」は、ツリーハウスクリエイター小林崇氏によるもの。生きている木を土台(基礎)にして作られた建造物、ツリーハウスは、 インドネシアがルーツ。
ほかのアジアの国にもあったようなのですが、日本にはその記録はありません。日本では昔から木は信仰の対象で、神聖で霊的なものであったからかも知れません。  しかし、木の上で、木といっしょになって風を感じていると、人間は自然の一部なんだ、ということをしみじみと感じることができます。空がずっと近く感じて、木のざわめきや香りに包まれて、いつもとは違う視点から世界が見えてきます。日常の煩わしさや、過剰な便利さからも隔絶された、なんともいえない非日常感。 ツリーハウスは日本人の精神、日本の文化のひとつである茶室にも通じるーと小林氏は語ります。ツリーハウスから観る庭、ツリーハウスのある庭、新しい風景を二期倶楽部庭内にプロデュースしました。

クリエイター:小林崇 ( TAKESHI Kobayashi )
スタイルとデザイン、感性をコンセプトにしたツリーハウスを創作する日本のツリーハウス第一人者。’94年、ツリーハウス建築の世界的権威ピーター・ネルソンに出会い、 World Treehouse Conference に毎年参加。世界中のツリーハウスビルダーや樹木医と交流しながら、最先端の技術やデザイン、樹木学等を学び、ツリーハウス情報を共有している。2000年、ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク(JTN)を立ち上げ、 ‘05年には有限会社ツリーハウス・クリエーション(THC)を設立。 沖縄から北海道まで、各地の風土・樹木に適したツリーハウスの制作にあたっている。

2012年より構想開始、次なる庭として生まれるのがボタニカルファームガーデン「水庭」は、日本建築学会賞(2009 年)、第12 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金 獅子賞(2010 年)、文化庁長官表彰(国際芸術部門・2012 年)など、数々の賞を受賞している新進気鋭の建築家・石上純也氏を起用しました。これまで運営してきたアートビオトープ那須に隣接する切り開かれたまま放置されていた農地を利用 し、ここに美しくデザインされた池(ビオトープ)を中心に、新たに作付計画します。それはファームの可能性への挑戦です。 このファームガーデンは、美しい自然と人間の生み出したテクノロジーとが重なり、完成する持続可能なランドアートでもあります。

石上純也|Junya ISHIGAMI
石上純也|Junya ISHIGAMI

1974 神奈川県生まれ
2000 東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻 修士課程修了
2000-04 妹島和世建築設計事務所勤務
2004 石上純也建築設計事務所設立
2009-11 東京理科大学 非常勤講師
2010-12 東北大学大学院 特任准教授
2014 ハーバード大学デザイン大学院 客員教員 (Visiting Professor at Harvard University)
2015 プリンストン大学大学院 客員教員 (Visiting Professor at Princeton University)
2016 メンドリジオ大学大学院 客員教員 (Visiting Professor at University of Lugano (USI))
2017 オスロ大学大学院 客員教員 (Visiting Professor at Oslo School of Architecture and Design)

受賞
2005 SDレビュー2005 SD賞
2005 キリンアートプロジェクト2005 キリン賞 
2008 Iakov Chernikhov Prize 2008 最優秀賞
2008 神奈川文化賞未来賞
2009 contractworld.award 2009 最優秀賞
2009 Bauwelt Prize 2009 最優秀賞
2009 2009年日本建築学会賞(作品)
2009 BCS賞(建築業協会賞 特別賞)
2010 第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 金獅子賞
2010 2010毎日デザイン賞
2012 文化庁長官表彰 国際芸術部門
2016 BSI Swiss Architectural Award

出版
『table as small architecture』
『plants & architecture』
『ballon & garden』
『Studies for The Scottish National Gallery of Modern Art』
『建築のあたらしい大きさ』
『建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?』

パブリック・コレクション
ポンピドゥ・センター
イスラエル美術館

主な作品
2020 Villa in Dali, Yunnan, China
2019 Kindergarten in Rizhao, Shandong, China
2019 Chapel of the Valley, Shandong, China
2018 Kanagawa Institute of Technology "Multi-purpose plaza", Kanagawa, Japan
2018 House of Peace, Copenhagen, Denmark
2018 Cloud Arch, Sydney, Australia
2017 Russian Polytechnic Museum Reconstruction, Moscow, Russia
2017 House and Restaurant, Yamaguchi, Japan
2017 Park Groot Vijversburg, Tytsjerk, The Netherlands
2014 Clouds Garden. Kanagawa, Japan
2012 House with Plants, Japan
2008 Yohji Yamamoto Gansvoort Street Store, New York, US
2008 KAIT Workshop, Kanagawa Institute of Technology, Kanagawa, Japan

1974年、神奈川県出身。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了、妹島和世建築設計事務所を経て2004年、石上純也建築設計事務所を設立。主な作品に「神奈川工科大学KAIT工房」など。2008年ヴェネチア・ビエンナーレ第11回国際建築展・日本館代表、2010年豊田市美術館で個展『建築のあたらしい大きさ』展などを開催。日本建築学会賞、2010年ヴェネチア・ビエンナーレ第12回国際建築展金獅子賞(企画展示部門)、毎日デザイン賞など多数受賞。


PAGE TOP